何事も十分に検討する。

untitled

間違いがないか確認するため、決めたことも全て見直してみるのが慎重な態度だ。自分の判断に不満を感じる場合は、見直し作業にとりかかろう。当初の判断を軟化、あるいは強化するのだ。再検討しているうちに、自分の価値判断の是非を決めるような新たな情報が出てくるかもしれない。何か頼みごとをされた時も、深く考えてから判断を下すほうが、結果的に一層感謝されるだろう。依頼を断らなければならないという場合でも、痛手を和らげるために先延ばしにしたほうがいい。また、たとえ緊急で判断をしなくてはならない状況に直面しても、十分に期間をかけてから結論を出そう。あらゆる角度からしっかりと検討すれば、問題点や不備な点がでてくるかもしれないのだから。「賢人の知恵」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA