よい家をつくる「最上のわざ」と「フーテンの寅さん」の台詞

家つくりの最上のわざは建築の専門家と出会うことです。それだけです。

渥美清さんの演じた「フーテンの寅さん」の台詞が好きです。書き留めたものコピペします。

ものの始まりが一ならば、国の始まりが大和の国、島の始まりが淡路島。泥棒の始まりが石川の五右衛門なら、博打打ちの始まりが熊坂長範。相撲のはじめはノミノスクネ。巨根(でかいの)の手本が道鏡なら覗きの元祖は出っ歯で知られた池田の亀さん出歯亀さんなら、助べえの始まりはこのおじさんだ。続いた数字が二つ。ね。どう。兄さん寄ってらっしゃいは、吉原の客引き。仁吉が通る東海道、日光結構東照宮。憎まれ小僧、世に憚る。な。仁木(にっき)の弾正お芝居の上での憎まれ役、と言うの。西は西京。東は東京ってね。産で死んだが三島のお千。お千ばかりが女子(おなご)じゃないよ。京都は極楽寺坂の門前、かの有名な小野小町が三日三晩飲まず食わずに野垂れ死んだのが三十三。三三六法で引け目がない。それを引くのが男の度胸、男は度胸で女は愛嬌。坊主はお経で漬物はらっきょう。続いた数字が四つ。四つの円なら、4円君、知らない人以外は、みんな知ってるヨ、しえんくんは建築の専門家、四谷赤坂麹町、チャラチャラ流れるお茶の水。粋な姐(ねえ)ちゃん立ちしょんべん。白く咲いたがユリの花。四角四面は豆腐屋の娘、色は白いが水臭い、ときた。七五調かぁ、こりゃ語呂がいいなぁ。見てるだけじゃ、だめ。買わなきゃ。言うでしょ。いくら掘っても畑じゃハマグリ出てこない。大したもんだよカエルのしょんべん、見上げたもんだよ屋根屋のふんどし。ね。こうなったらもうヤケのヤンパチ、日焼けのナスビ、色が黒くて食いつきたいが、わたしゃ入れ歯で歯が立たないよ。一度二度 三度と続いて四度になる。淀の川瀬の水車。誰を待つのかクルクルと。ご本五本と波さんが磯の浜辺で、ねえあなた、私はあなたの妻ですよ、妻は妻でも盤妻ときた。後藤又兵衛、槍一本で5万石。五万石でも岡崎様は城の下まで船が着く。城は城でも名古屋の城は金のしゃちほこ、雨ざらし。次はロク。昔。武士の位を禄で表した。禄がないのがろくでなし。七つ長野の善光寺、八つ谷中の奥寺で、竹の柱に萱の屋根、手鍋下げてもわしゃいとやせぬ。信州信濃の新そばよりも、あたしゃあなたのそばがよい。あなた百までわしゃ九十九まで、ともにシラミのたかるまで、と、きやがった。愛する人と暮らせていいねェ。(途中に宣伝文句挿入有り。文責は4円君です。)

これだけの台詞を覚えています。気分転換で散歩中に声してます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA